歌って踊るのはヒーローインタビューで

〇三浦監督、度会へ「初めて野球するね。
 ファンフェスは歌って、踊りましたからね。
 今日は野球。歌って、踊るのはヒーロー
 インタビューに取っておけと」
 度会「ヒーローインタビューの時にやれるように
 準備しておきます。歌かどうか分からないですが、
 勢いでいく」
〇三浦監督、開幕ローテの選定に向け「1軍の試合
 だけでなく、ファームの試合も全部使っていく」
 石田「プロ1年目の気持ちでやっていた。
 結果を出すことが一番」
〇勝又「野手に転向してから野球が楽しくて
 仕方ない。これだなって。失うものはないので
 ガンガンいくだけです」

迷いに迷わしてくれるものを

〇三嶋、石田、浜口、佐々木が1軍合流へ。
 三浦監督「千隼は最初から予定通り。他の3人も
 宮崎で投げてから合流するように伝えている」
 「高いレベルで迷いに迷わしてくれるものを
 期待している」
〇戦力外から獲得の中川颯が対外試合2試合計7回を
 4安打1四球の無失点。
 開幕ローテーション入りも見えてくるか。

打たれるだろうという球を

〇オープン戦、横浜4-2楽天
 平良が3回を4安打無四球の1失点。
 平良「けっこうフライアウトは取れた」「打たれる
 だろうという球を打たれた。その球をなくして
 いきたい。とにかく結果の世界。目の前の試合で
 結果を出すこと」
 深沢が2回を1安打無四球の無失点。
 三浦監督「しっかりと配球ができる。今日は無理
 させなかった」
 徳山が1回を三者凡退。
 小園が3回を5安打無四球の1失点。
 佐野、戸柱、西巻がマルチ。
 佐野「オープン戦に入って安打が2本出て、結果を
 求めていかないといけない時期になったので、
 これから先も結果を求めてやっていきたい」
 「しっかり結果を出して、開幕、そして1年間
 スタメンに名前を連ねられるように。
 貪欲にやっていきたい」
 戸柱「当たりとしてはあまり良くなかったが、
 いい所に飛んでくれた。石上君の全力疾走に感謝」
 三浦監督「若い選手がここぞというところで
 アピールしてくれた。久しぶりの宜野湾での
 オープン戦をいい形で締めくくれて、キャンプ
 を終えたのが良かった」

まずまず上々

〇オープン戦、横浜3-3日本ハム
 大貫が2回を1安打無四球の無失点。
 大貫「ほとんどツーシームを投げた。思うところ
 にいかず動きも一定ではなかったので直したい」
 「けがをせずに2イニングを投げられたことが収穫。
 やっと始まったなというのが正直な感想です」
 三浦監督「上々。大貫は昨年悔しい思いをしている。
 慎重にしっかりとつくり上げるキャンプになり、
 実戦を投げられてまずまずできている」
 ジャクソンが2回を1安打2四死球の無失点。
 ウィックが1回を3安打1四球の3失点。
 中川颯が4回を2安打無四球の無失点。
 中川「一度死んでいる身。がむしゃらにチャンス
 をつかみ取る気持ち」「ロングになればなるほど、
 球質以外の部分が重要になってくる。そこが前回
 と今回で表現できた」
 三浦監督「持ち味を存分に出した」
 勝又がマルチ。
 勝又「自分みたいな年齢の選手はチャンスが少ない。
 後悔のないようにやる」
●桑原が練習中に腰の張りを訴えたため大事を取って
 オープン戦を欠場。

選択肢が1つ増えてくる

〇練習試合、横浜10-6広島。
 東が2回を無安打無四球の無失点。
 東「ストライク先行で勝負できた。まだ
 2イニングだけど順調かな。意図してあの
 コースに投げられた」「いい反応をして
 くれたと言いいますか、ビクッと動いてから
 手が出てこなかったので、あれがシーズンの
 投球の構成の中に入ってくれば、また選択肢
 が1つ増えてくると思います」
 ケイが2回を2安打1四球の2失点。
 山﨑康晃が1回を三者凡退。
 山﨑「初めての実戦にしては良かったけど、
 もっと段階上げてやっていきたい。精度を
 上げていきたいという課題も見つかった」
 伊勢が1回を1エラー無安打無四球の無失点。
 森原が1回を三者凡退。
 石川が1回を2安打1四球の無失点。
 中川虎大が1回を5安打無四球の3失点。
 石上が猛打賞。
 石上「積極的に初球から振っていくことを
 決め、それで打てたことは良かった」
 3塁守備について「まだまだ練習を続けて
 いきたいです」
 度会、大田、松尾、林がマルチ。
〇戸柱が1塁の守備練習。
〇バウアー「自分は刑期を終えた。復帰する
 機会をもらう資格があるのでは?」
 「自分は、永久追放処分を受けたとは
 思っていない」「自分がしなかったことを
 咎められたことや、SNS上で人々への
 反応の仕方でいくつかの過ちを犯した
 ことによってMLBではプレーできない
 ことを意味するならば、それは自分が
 判断することではない。それはオーナー陣
 が判断することだ。そのようにならない
 ことを願う」

ほぼほぼ予定通り

〇宜野湾キャンプでの練習を終了。
 牧「130打点以上は目指したい。優勝しか狙って
 いない」「今年こそ一丸となり、リーグ優勝、
 日本一を目指して頑張る」
 三浦監督「今年は例年にないくらい天気がよく、
 気温も中盤以降かなり温かくなった。ほぼほぼ
 予定通りメニューも消化できた」
 「チーム内での競争も激しくなったと思う。
 より、激しくしていかないといけない」
〇東が2/23に初実践へ。
 東「自分でやりたいことを捕手に伝え、
 短い回数ですが、それができたらいいと思います」
 「リリースだけに力が入るような投球ができたら。
 持ち味のコントロールを出せたらいい」
 「球速などを気にしすぎていた。自分は
 そういう投手じゃないと改めて痛感しました」
 「去年とはまた違った状況だが、今年は今年で
 頑張らないといけない」
〇ベテラン勢が1軍に合流。
 宮崎「けがなく順調。チームに何ができるかを
 考えてやりたい」

良すぎるかなというくらい

〇練習試合、横浜2-1広島。
 森唯斗が3回を4安打1四球の無失点。
 森「全体的には悪くなかったですが、コースを
 もっときっちりいきたい。開幕ローテを狙いたい
 ですし、取りにいきたい。オープン戦ですけど
 結果にこだわりたい」
 上茶谷が2回を3安打1四球の1失点。
 松本凌人が2回を無安打無四球の無失点。
 松本「しっかりファウルも空振りも取れた。
 順調に来ている」
 三浦監督「良すぎるかなというくらい順調。
 投げるたびに評価が上がり、期待値もどんどん
 上がっている」
 宮城が1回を無安打無四球の無失点。
 徳山が1回を1安打無四球の無失点。
 関根がマルチ。
●入江が右肩の違和感でリハビリ組に合流。