短期決戦を踏まえて

○三浦監督「短期決戦を踏まえて、メンバーを
 考えないといけないですし、シーズン中とは
 違って、前倒しでリリーフにいくことも
 考えています」「早く短期決戦の雰囲気に
 慣れて、どこで誰がいってもいいような準備、
 声かけを引き続きやっていきたい」
 「犠打について中軸にも伝えてあります。
 やる、やらないは別として、可能性がある
 ことはやってもらいます」
 牧「どの打順にいても、短期決戦は誰でも
 そういう状況になると思うので、もしそういう
 サインが出たら、一発で決めたい」
 「粘り強い野球したい」
○クリスキー投手が1軍に合流。
 三浦監督「リリーフとして、しっかり準備
 してもらいます。球の力もある。アクシデント
 があって、本人も不完全燃焼だと思いますが、
 待機してもらいます」

三浦監督が続投

WBCに向けた野球日本代表に今永と牧が選出。
 今永「たくさんの素晴らしい選手がいる中で
 選出していただき大変うれしい」「日の丸で
 プレーした経験はすごく生きているので今回、
 ひとつでも多く自分の野球人生に生きるもの
 を持ち帰りたい」
 牧「うれしく思います。どんな場面でも自分
 らしい打撃、勝負強いところを見せられるよう
 に頑張ります」
○佐野が今シーズン161本目の安打を放ち、
 最多安打のタイトル確定。
 佐野「タイトルを獲得できたことが素直に
 嬉しいです。いつも周りでサポートしてくれ
 ているすべての人たちに感謝しています」
○三浦監督の続投を発表。
 三浦監督「目標のリーグ制覇ができずに悔しさ
 もある。やり残したことがあるので、この続き
 をさせてもらえることにありがたさを感じ、
 責任も感じる。まだ横浜反撃の途中。
 グレードアップしていけるように頑張ります」
 南場オーナー「クライマックスシリーズ
 本拠地にもってくるという最低限の仕事を
 しっかりとやってくれた。非常に苦しい時の
 乗り越え方が前向きで、将来に期待が持てる
 乗り越え方をしていた」
○CS初戦の先発は今永か。
 三浦監督「そこはね、感じ取ってもらえれば」
○クリスキーがCSでリリーフか。
●坂本が抹消。

坂本は

●横浜2-8ヤクルト。打線は2回にソトの2ラン
 で2点を先制。
 先発坂本は、3回に打ち込まれて、2本の
 タイムリーと3ランで逆転されてしまう。
 結局3回を6安打2四球の5失点とCS登板は絶望的。
 4回から1回2/3を京山が無安打無失点。
 5回途中から東が1/3回を1安打無失点。
 6回は田中健二郎が2者連続ソロの2安打1四球
 の2失点。
 7回は入江がソロの1安打1失点。
 8回は1人をエスコバーが打ち取り、伊勢が2/3回
 を2安打無失点。
 打線は3回以降散発5安打無得点で得点できず
 CSに不安を残す結果となった。
 ソトがマルチ。
 楠本、柴田が無安打。
○坂本が登録。
●石川、ロメロが抹消。

青に染めて一緒に

●横浜2-1巨人。先発浜口は、初回にタイムリ
 を打たれて1点を先制される。
 浜口は2回を4安打1失点。
 三浦監督「最初から2イニングと伝えていました。
 飛ばしていくというところで、ちょっとアクセル
 踏みすぎたかなって感じはしましたけど、
 特に問題はないと思います」
 3回は代わったロメロは乱調で、無安打ながら
 4四死球を与えて、押出と犠飛で2点を失う。
 三浦監督「ノーヒットで2点は重い空気になり
 ますよね」「ちょっとどころじゃなかったですね。
 相手打者と対戦、勝負できていない。残念な結果」
 4回から2イニングを石川が無安打4四球の無失点。
 三浦監督「2イニング行ってもらいましたけど、
 内容的にはロメロと同じ。経験が浅いというのは
 ありますけど、ファームでああいうピッチングを
 するかというと、あそこまで四球は連発しない
 ですから。じゃあなんで出せなかったのか。勉強です」
 6回は東が1安打無失点。
 三浦監督「前回のところも修正。前回よりも
 出力は上がってました」
 7回は森原が三者凡退。
 打線は7回に伊藤光のタイムリー2ベースで1点を返す。
 8回はエスコバー三者凡退。
 三浦監督「おかえりって言いました。本人も
 ベンチに帰って、お久しぶりねって言って
 ましたもん。日本語で」
 9回は平田が2人を無安打無失点。
 三浦監督「うまく繋いでくれたと思います。
 自分の投球をしっかりしてくれた」
 2アウトから山崎康晃が1人を打ち取る。
 打線はその裏に1アウト1,3塁から送球エラー
 で1点を返すもそこまで。
 三浦監督「最後に相手のクローザーから柴田、神里
 といった普段打席が少ない選手が作ったチャンス
 ということは収穫がありました。確かに1点しか
 取れなかったですが、非常に内容のある1点だった
 と思います」
 宮崎とソトがマルチ。
 楠本が無安打。
○三浦監督「日本一を目標に、チーム一丸となって
 戦ってまいります。クライマックスシリーズでも
 皆さま方の応援の力をかしてください。そしてここ
 横浜スタジアムを青に染めて一緒に戦いましょう、
 宜しくお願いします」
○10/3の予告先発は坂本。

CSの相手が決定

○横浜1-0巨人。打線は初回に佐野のソロで先制。
 佐野「最高の形となって本塁打となってくれて
 先に点を取ることができて良かった」
 先発今永は、7回を2安打2四球の無失点と抜群
 の投球。
 今永「来週CSが始まるので、CSのつもりで投げ
 ました。これからももっとたくさん投げられる
 ようにしたい」
 8回は入江が三者凡退。
 三浦監督「エスコバー、伊勢は休ませていますから、
 入江がああいうシチュエーションのなかできっちり
 と投球ができたというのは、今後の財産になると
 思います」
 9回は山崎康晃がノーアウト1,2塁のピンチを
 作るも最後は併殺におさえて完封勝ち。
 佐野がマルチ。
 関根、森、ソト、楠本、柴田が無安打。
ハマスタ史上最多動員3万2819人。
○巨人を下したことによりCSの相手が阪神に決定。
 三浦監督「相手が3チームというところで、
 あまり気にしないようにはしていたが、これから
 アナリストとも話しながら色々考えていきたい。
 2試合まだ残っているのでしっかり準備していこう
 と思います。いい試合を見せられるようにやって
 いきます」
○10/2の予告先発は浜口。
 浜口「いつも通りの調整をしてきました」
 「チームが勝てるように自分の役割を果たしたい」

戦力になるかを見ている

●横浜1-6中日。打線は初回の満塁のチャンスを
 逃すも、2回に桑原のタイムリー2ベースで先制。
 先発大貫は、4回に四球と安打でノーアウト1,3塁
 のピンチを作り、タイムリーを打たれて同点。
 結局5回を3安打2四球の1失点で代打を送られて交代。
 大貫「無駄なフォアボールやピンチでの甘い球が
 あった。次に向けしっかりと修正していきたい」
 三浦監督「しっかりとまとめたかなと。調子は
 良かったわけではないですけど、それなりに試合を
 まとめるってことはできたかなと思います」
 6回は東がタイムリーを打たれて勝ち越されてしまう。
 7回は三者凡退におさえ、2回を2安打1失点。
 三浦監督「失点はしましたけど、その後ずるずる
 いかなかったのがよかった。戦力になるかを
 見ている。明日以降も見ていきたい」
 8回はエスコバーが1アウト2,3塁のピンチを作り、
 2点タイムリーを打たれてジエンド。
 三浦監督「まだ調整が必要かなと思いますけどね。
 もちろん疲労もありますから、2~3日休んでから
 すぐゼロになるわけはない。もう少し調整して
 もらいます」
 9回は三浦銀二が2アウトから3連打されて2失点。
 打線は3回以降、チャンスこそ作れど得点できず
 敗戦。
 佐野がマルチ。
 関根、宮崎、楠本、伊藤光が無安打。
○東が登録。
●石田が抹消。
○10/1の予告先発は今永。
 今永「自分のやってきたことしかできない。
 この期間で特別うまくなるというのはありえない。
 やってきたことをやる」

一方で休ませることも必要

○横浜6-1中日。先発石田は、初回にエラー、盗塁、
 タッチアップで1アウト3塁のピンチからタイムリ
 を打たれて1点を先制される。
 三浦監督が「今日はスタメンを大幅に替えます。
 3番と4番以外は替えます」と左打者を8人並べた
 打線は2回に楠本のソロで同点とすると、
 4回には戸柱のタイムリーで勝ち越し。
 戸柱「何とか走者をかえそうと強い気持ちを
 持って打席に向かった。前の打者に続くこと
 ができて良かった」
 5回には佐野のタイムリー、牧の2点タイムリー、
 戸柱の内野ゴロ間の計4点を追加。
 三浦監督「本当によくつないでね。後ろに、
 後ろにとビッグイニングを作れました」
 石田は2回以降得点を与えず、7回を2安打1四球
 の1失点。
 石田「この調子のままCSへいきたい」
 三浦監督「直球の切れが戻った。内容も非常に
 良かったし、丁寧に最後まで投げた」
 8回は田中健二朗三者凡退。
 9回は森原が1安打無失点で勝利。
 スタメン入れ替えの意図について三浦監督
 「いろいろ試したいですし、一方で休ませる
 ことも必要。とはいえ、あくまで勝ちにいく
 ことが前提。いろいろなものが複雑に絡み
 合っています」「代わりに出た選手たちが
 しっかりアピールしてくれました」
 牧と楠本がマルチ。
 森、神里、柴田が無安打。
○頭部死球を受けたソトは打撲と診断。
 三浦監督「幸い大丈夫で良かった。ひと安心。
 動きを確認しながら様子を見る」
○東と蝦名が1軍に合流。
○9/30の予告先発は大貫。